知っておきたい「しじみサプリ」の副作用

話題の「しじみサプリ」は数多くの会社から商品が販売されています。

そもそも「しじみサプリ」は副作用があるのか?それとも製品ごとに副作用が違うのか??

知っておきたい「しじみサプリ」の副作用をお教えしたいと思います。

 

「しじみサプリ」の副作用

しじみサプリに多く含まれている成分はオルニチンです。

このオルニチンが肝臓を健康に保つように働きます。しじみサプリがお酒を飲む人に効果があるというのはこのためです。

このオルニチンという成分は、副作用があるのでしょうか?

実は、特に副作用はありません。

オルニチンはアミノ酸の一種です。アミノ酸を多く摂取したとしても、体に蓄積される物でもありません。また、しじみサプリに含まれるタウリンもアミノ酸の一種なので、オルニチンと同様に副作用はありません。

アミノ酸は、これまでに重大な副作用が報告されるといったこともありませんので、安心して摂取できるでしょう。

ただし、必要以上の多量摂取は胃腸の不調などを起こす場合がありますので、過剰摂取は止めましょう。

 

 

「しじみサプリ」に含まれる牡蠣エキスの副作用

最近のしじみサプリには牡蠣エキスを入れている物も目立ちます。

しじみは副作用がなくても、牡蠣エキスには副作用がありそうですが、どうなのでしょうか?

牡蠣エキスに含まれる亜鉛が副作用を起こす可能性があります。

亜鉛は貧血を防ぎ、肝臓を健康に保つ効果もある成分です。しかし、亜鉛を摂取し過ぎて腎臓障害を起こす可能性があります。

腎臓機能に自信がない人は、牡蠣エキス入りのしじみサプリを選ぶのを止めましょう。

 

 

「しじみサプリ」に含まれる肝臓エキスの副作用

豚の肝臓エキスがしじみサプリに含まれている商品を多く見かけます。

肝臓エキスは肝臓を更に健康に保つ効果があり、吸収性も良く、多くの会社がしじみエキスサプリに加えている成分です。

豚のレバー(肝臓)の場合、臭いが独特で、いかにも副作用がありそうですが、実はこちらもほとんど副作用がありません。

 

 

「しじみサプリ」副作用まとめ

一般的に、しじみサプリには副作用がないと考えていいでしょう。

しかしこれはあくまで「しじみ」だけの成分を配合したサプリに言えることです。最近のしじみアプリには、しじみ以外の成分がたくさん配合されている物があります。

その様な色々な成分が入ったサプリメントには注意が必要です。万が一、副作用が出てもどれが原因か分かりにくいからです。

ついつい、1種類のサプリメントでたくさんの効果を求めがちですが、副作用が出た時のことも考えると、1つの効果だけに絞った方がいいと考えられます。「二兎を追う物は一兎も追えず」ですから、1つの効果だけを期待してサプリメントを選ぶようにしましょう。

 

 

ママニック葉酸サプリ定期コースの解約方法は?

妊活をしているママさんたちの間で話題になっているママニック葉酸サプリ。

私たちには当然個人差があるので、飲んでから体に合わないこともありますよね?

そういうことが起きたときのために、今回はママニック葉酸サプリの定期コースの解約方法のご紹介をしていきます。

 

まずはママニック葉酸サプリについての説明です。

ママニック葉酸サプリは女性200人の声から生まれた赤ちゃんのための葉酸サプリで魅力がいっぱいあります。

 

吸収力に優れた葉酸、鉄分、カルシウム、アミノ酸、ミネラル、数種類のビタミン、乳酸菌、美容成分8種、国産の野菜・果物など、妊娠中の女性にとって嬉しいものがたくさん配合されています。

また、放射能試験・残留農薬一斉分析260種の安全テスト済みということもあり安心です。

 

このママニック葉酸サプリは1個ずつ購入することもできるのですが、1個ずつだと送料がかかってしまいます。

 

通常購入のほかにも、3個セット、6個セット、定期購入ができるのですが、この場合は送料が無料になります。

さらに、定期購入をすると、通常の価格から30%OFFの価格になります。

 

さて、本題のママニック葉酸サプリ定期購入の解約の方法です。

定期購入の解約条件は、6か月以上継続することです。

解約をするときは、発送日の10日前までに連絡しましょう。

 

6か月って結構長いなー、って思う人もいるでしょう。

でも大丈夫です。

ママニック葉酸サプリには、他の葉酸サプリにはない、15日間の返金保障が付いています。

 

開封して使用した後でも15日以内だったら返金できます。

これは実質購入して15日以内であれば、初月から解約ができるということになります。

電話で解約手続きを完了してから2週間以内にお支払金額が返ってきます。

 

まずは15日間無料体験ができると思って購入してみるのはいかがでしょう。

 

デュファストンは葉酸と一緒に飲んではダメなの?飲み合わせについての真相を調査!

ディファストンという合成黄体ホルモン剤と葉酸の飲み合わせは大丈夫なのでしょうか。

妊活中や妊娠中は極めて大事な時期だけに飲み合わせが気になる所です。そんなデュファストンと葉酸の飲み合わせについて調査しました。

 

デュファストンの効果

デュファストンは合成黄体ホルモン剤です。不妊治療で使用されることの多い薬です。

デュファストンを飲むことで黄体ホルモンが増え、子宮内膜が厚くなります。子宮内膜が厚くなると、より受精卵の着床がしやすい状況になります。

よって、デュファストンは不妊治療には欠かせない薬なのです。

また生理不順や無月経も黄体ホルモンの影響に関係してくるため、それらの症状が出る場合には、不妊治療と関係なくデュファストンが処方されることがあります。

いわゆるホルモンバランスが崩れるということは、黄体ホルモンと卵胞ホルモンのバランスが崩れるということを指します。よって、黄体ホルモンの分泌が悪いと、不妊や生理不順や無月経となるのです。それだけではなく、吐き気や腹痛、頭痛などの症状が出ることもあります。

 

デュファストンと女性の体の関係

女性の体はホルモンに左右されていると言っても過言ではありません。

ホルモンのバランスが正しいことで、基礎体温が正常なリズムで描かれるようになります。基礎体温のリズムがいわゆるホルモンのリズムとなり、妊娠や出産がしやすくなるだけでなく、生理の周期も安定します。

では、デュファストンを飲まないと黄体ホルモンの分泌を上げられないのか?

ビタミンEを摂取すると黄体ホルモンの分泌を活性化させると言われています。ビタミンEを多く含む食材としては、アーモンドや煎茶です。

しかし、食べ物で黄体ホルモンの分泌を促すためには、かなりの量のアーモンドなどを食べる必要があります。そんなことを毎日する訳にはいかないので、不妊の方にはデュファストンが処方される訳です。

 

 

デュファストンと葉酸の飲み合わせ

実は、デュファストンと葉酸の飲み合わせは関係ありません。

むしろ妊娠を希望しているのであれば、葉酸は積極的に摂っておく必要があるでしょう。

葉酸は妊娠が分かってから飲むのでは遅すぎます。着床した瞬間から、葉酸は赤ちゃんの体を成形するのに必要な成分です。むしろ妊娠初期には妊娠後期よりしっかり摂るべきだと思います。

葉酸のサプリメントなどの注意書きに「薬を服用中の方は医師に相談ください」といった内容がある商品も多いですが、それはデュファストンのことではありません。

どうしても心配な場合には、医師に相談してもいいと思います。どんなに飲み合わせが安全と理解したつもりでも、不安な状態で飲んでいては効果が上がらないからです。

お酒を飲む方は必見!二日酔い対策のサプリを紹介!

「お酒が好きで、ついつい飲み過ぎてしまう」、「お酒が弱いので二日酔いが心配」・・・
お酒にまつわる心配はたくさんあります。
そんな心配を払拭できる二日酔い対策サプリをご紹介します。

 

1、CMでも有名な銘柄ヘパリーゼのサプリが登場!「ヘパリーゼZ」

CMも多く流れ、日本で一番有名な二日酔い対策のドリンクと言っても過言ではないヘパリーゼ。
そんなヘパリーゼにサプリメントタイプがあります。
それがヘパリーゼZです。
肝臓エキスをはじめ、ウコンエキス、オルニチン、セサミンなどを配合し、1日3粒飲むだけで健康成分を十分に摂取することができます。
二日酔い対策だけでなく、毎日を元気で過ごしたい方にもオススメなサプリです。
ヘパリーゼのドリンクタイプは薬局やドラックストア等で購入できますが、このヘパリーゼZは通販限定の商品なので、ドラックストア等で購入はできません。

 

2、二日酔い対策には、やっぱりしじみ 「しじみ習慣」

しじみに含まれるオルニチンが肝臓を健康に導いてくれるおかげで、二日酔い対策ができると話題になっています。
特に、しじみ習慣に使用されるしじみは、黄金しじみと言って、栄養価がとっても高いしじみです。
その黄金しじみの成分を余すところなくカプセルに閉じ込め、1日2粒飲むだけで十分な効果が得られるようなっています。
また、しじみ習慣はソフトカプセルを使用していますので、喉に詰まることなく、いつでもどこでも飲みやすいのも特徴です。
しじみ習慣は、お酒を多く飲む人や、お酒が苦手な人だけなく、疲労回復も期待できますので最近元気がないと感じる人にも効果を発揮することができます。

 

3、梅・牡蠣・ニンニクを配合 「肝パワーEプラス」

亜鉛を多く含む大粒の広島の牡蠣と長野県産のジャンボにんにく、紀州の南高梅を使用したサプリメントです。
亜鉛を多く摂取することで、アミノ酸を作りだす効果があり、そのアミノ酸効果で肝臓が健康になります。また南高梅のクエン酸が体を疲れにくくするとともに、身体全体を健康に保ちます。
亜鉛とアミノ酸だけでも二日酔い対策サプリとしては優秀です。しかし、肝パワーEプラスはニンニクの栄養をそのままに含んでいるため、お酒で疲れた体を元気にしてくれます。
二日酔い対策のサプリは、紹介した以外にも色々な種類が販売され、選ぶのに困ってしまいます。
今回、ご紹介したサプリは、効果はもちろんのこと、1粒の成分含有量も多く、1日に飲む個数も少なめで飲みやすくなっています。この様なサプリをぜひ選んでください。
二日酔いサプリは、二日酔いになってから飲むのではなく、できれば毎日飲んで肝臓を健康に保つことが大切です。またお酒が苦手な方も、日々続けて飲んだ方がいいでしょう。もちろん肝臓を健康にしておくことで、お酒を飲んだ時にも効果がありますし、それ以前に肝臓が健康になれば、毎日元気で過ごせること間違いなしです。

 

肝臓での脂肪吸収を抑えることも大切!

肝臓自体をいたわることも重要ですが、肝臓での脂肪吸収を抑えることが重要です。中性脂肪は肝臓で合成されますが、その後血液中に脂肪が吸収されて全身に行き渡ります。

特に脂肪がつきやすいのは内臓、脂肪肝とかがそうですね。

内臓脂肪以外では皮下脂肪も付きやすいですしこれは代謝が落ちることで起こる中年太りやメタボになりかねません。

 

肝臓さプリと併用して飲んでほしいのは、安全な脂肪の吸収を抑えるサプリメントです。防風通聖散やターミナリアベリリカ由来ポリフェノール、葛の花由来イソフラボンなどがそれにあたります。

会社的にも信用できるのであれば、おすすめのダイエットサプリは機能性表示食品である太田胃散|葛の花イソフラボンウエストサポート茶ですね。