知っておきたい「しじみサプリ」の副作用

話題の「しじみサプリ」は数多くの会社から商品が販売されています。

そもそも「しじみサプリ」は副作用があるのか?それとも製品ごとに副作用が違うのか??

知っておきたい「しじみサプリ」の副作用をお教えしたいと思います。

 

「しじみサプリ」の副作用

しじみサプリに多く含まれている成分はオルニチンです。

このオルニチンが肝臓を健康に保つように働きます。しじみサプリがお酒を飲む人に効果があるというのはこのためです。

このオルニチンという成分は、副作用があるのでしょうか?

実は、特に副作用はありません。

オルニチンはアミノ酸の一種です。アミノ酸を多く摂取したとしても、体に蓄積される物でもありません。また、しじみサプリに含まれるタウリンもアミノ酸の一種なので、オルニチンと同様に副作用はありません。

アミノ酸は、これまでに重大な副作用が報告されるといったこともありませんので、安心して摂取できるでしょう。

ただし、必要以上の多量摂取は胃腸の不調などを起こす場合がありますので、過剰摂取は止めましょう。

 

 

「しじみサプリ」に含まれる牡蠣エキスの副作用

最近のしじみサプリには牡蠣エキスを入れている物も目立ちます。

しじみは副作用がなくても、牡蠣エキスには副作用がありそうですが、どうなのでしょうか?

牡蠣エキスに含まれる亜鉛が副作用を起こす可能性があります。

亜鉛は貧血を防ぎ、肝臓を健康に保つ効果もある成分です。しかし、亜鉛を摂取し過ぎて腎臓障害を起こす可能性があります。

腎臓機能に自信がない人は、牡蠣エキス入りのしじみサプリを選ぶのを止めましょう。

 

 

「しじみサプリ」に含まれる肝臓エキスの副作用

豚の肝臓エキスがしじみサプリに含まれている商品を多く見かけます。

肝臓エキスは肝臓を更に健康に保つ効果があり、吸収性も良く、多くの会社がしじみエキスサプリに加えている成分です。

豚のレバー(肝臓)の場合、臭いが独特で、いかにも副作用がありそうですが、実はこちらもほとんど副作用がありません。

 

 

「しじみサプリ」副作用まとめ

一般的に、しじみサプリには副作用がないと考えていいでしょう。

しかしこれはあくまで「しじみ」だけの成分を配合したサプリに言えることです。最近のしじみアプリには、しじみ以外の成分がたくさん配合されている物があります。

その様な色々な成分が入ったサプリメントには注意が必要です。万が一、副作用が出てもどれが原因か分かりにくいからです。

ついつい、1種類のサプリメントでたくさんの効果を求めがちですが、副作用が出た時のことも考えると、1つの効果だけに絞った方がいいと考えられます。「二兎を追う物は一兎も追えず」ですから、1つの効果だけを期待してサプリメントを選ぶようにしましょう。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です